News

日本ドライケミカルが広島市消防局へ「火災抑制剤放射器」を寄贈

防災機器メーカーの日本ドライケミカルは4月21日、先進7ヵ国首脳会議(G7サミット)の開催を管内に控える広島市消防局へ、火が燃え広がることを防ぐ「火災抑制剤放射器」を寄贈した。

写真◎日本ドライケミカル提供

Twitter Facebook LINE

同社が開発した火災抑制剤放射器は、ガソリンなど可燃性液体に使用するもの。対象に泡状の薬液を放射することで蒸発や着火を抑制し、火災を未然に防止できる。ガソリンスタンドや交通事故現場などで燃料が漏れてしまった場合や、可燃性液体による放火に対して着火を抑えることが期待される。

同日には寄贈式が行われ、同社の遠山栄一社長から広島市消防局の勝田博文局長に同品が手渡された。

遠山社長は「G7が開催されるということで、こういう機器があることによってテロなどの抑制効果になるでしょうし、いざというときに使っていただければ大きな事故を防ぐことができる」と、寄贈の意図を述べた。

同品はG7サミットの期間中に各国の首脳が移動する場所へ配備される。

火災抑制剤放射器を寄贈
寄贈式で火災抑制剤放射を手渡す遠山社長(写真右)と、受け取る勝田局長(写真左)。
火災抑制剤放射器
寄贈された火災抑制剤放射器「クイックスプラッシャー トリガーL」。
寄贈式後の記念撮影
寄贈式で写真撮影に応じる遠山社長(写真前列中央)と勝田局長(写真前列右)ら。
防災機器メーカーの日本ドライケミカルは4月21日、先進7ヵ国首脳会議(G7サミット)の開催を管内に控える広島市消防局へ、火が燃え広がることを防ぐ「火災抑制剤放射器」を寄贈した。
写真◎日本ドライケミカル提供