首里城火災で奮闘した指揮隊<br>―那覇市消防局―

Special

首里城火災で奮闘した指揮隊
―那覇市消防局―

 令和元年10月31日の未明、首里城正殿1階から出火し、正殿、北殿、南殿・番所、書院・鎖之間、黄金御殿他(奥書院含む)および二階御殿が全焼する大惨事となった(出火原因は調査中)。首里城は1429年に成立した琉球王国にあって、その政治、外交、文化の中心地となった王宮で、中国と日本の文化が融合した独特の建築様式で知られる。1945年の沖縄戦において焼失したが、1992年に正殿などの主要部分が復元された。その非常に高い文化的・歴史的価値から2000年には、「琉球王国のグスクおよび関連遺産群」としてユネスコ世界文化遺産に登録されている。
 那覇市消防局の覚知時刻は10月31日2時41分、鎮圧時刻は同11時ちょうど、鎮火時刻は同13時30分。同消防局では消防車両59台、242人態勢で消火活動にあたった。また県内応援消防本部8本部15台74人、消防団1台23人が加わった。この火災において、中央消防署に常設されている指揮隊は出動指令を受け、2時56分に現場に到着、現場指揮本部を立ち上げて指揮活動を開始した。さらに3時50分には中央消防署長が現場到着。ただちに指揮宣言を行い、以降は署隊指揮に切り替わった。
 圧倒的な消防力の劣勢下、那覇市消防局の指揮隊は何を思い、何を信じて闘ったのか――。

写真提供◎那覇市消防局
Jレスキュー2020年11月号掲載記事

Twitter Facebook LINE

首里城火災で奮闘した指揮隊に聞く
「修羅場における現場対応力とは!?」

未明の2時41分に119番入電
2時56分に現着し、ただちに現場指揮本部を設置

編集部■指揮隊が現場に到着した際の状況は
指揮隊■2時56分に現着し、ただちに首里城公園御庭東側に現場指揮本部を設置し、火災の実態把握、情報収集、そして部隊運用にあたった(図①参照)。
 火災の状況は、首里城正殿の北側軒付近から延焼拡大中で、延焼速度は速く、瞬く間に大きな炎が正殿を飲み込む勢いで、延焼危険大の状況だった。
 御庭に面した正殿の北側付近に向けて、最先着隊の首里小隊、後着の神原中隊、西高度救助隊(放水銃)がそれぞれ放水活動を開始しており、時折、北側から吹く強風で炎が煽られており、上空を赤々と染めている状態だった。
編集部■その際の心境および活動の見通しは
指揮隊■あの威風堂々とした煌びやかな首里城が、真っ赤に燃えている光景を目の当たりにして、正直、現実のこととして受け止められず、茫然と立ちつく瞬間があった。
 ふと我に返り、「これは長丁場になるぞ…」と覚悟を決め、火災の実態把握に努め、延焼阻止を主眼とした部隊運用の指揮に当たることになった。

炎上する首里城
炎が上空を赤々と染める。

編集部■初動に続く対応は
指揮隊■緊張感が増すなか、現場状況把握を行った。指揮隊として的確な部隊運用を行うため、以下の事項を一つずつ冷静に実施できるよう指揮を執った。すなわち、
◎首里城火災の警防戦術の要諦
◎水利の確保
◎包囲態勢
◎筒先配備
◎応援要請
◎施設消防用設備の活用
◎安全管理体制
――などである。
 火勢の状況から、最先着部隊の活動では、圧倒的に消防力は劣勢に立たされていた。
 火力は凄まじく、熱気は熾烈になる一方で、正殿直近に近づくこともできない状況に、「活動隊員の殉職、重大事故…」という最悪の事態が脳裏をよぎった。
 消火活動もさることながら、指揮隊としてはまず、「隊員の安全管理を第一に」、と強く感じた瞬間であった。

那覇市消防局の指揮体制

編集部■その後の火災の推移は
指揮隊■木造正殿や内部の木組み構造等から火勢は増す一方だった。強烈な輻射熱により放水は燃焼実体に届く前に蒸発している様子もあり、正殿への有効注水は困難な状況だった。
 この状況を見て、正殿への放水活動も継続しつつ、一方では延焼阻止を主眼とした活動に切り替え、正殿に隣接する建物群(北殿、黄金御殿、南殿、番所)への放水活動を併せて実施するように下命した。
 また西高度救助隊長に対し、もっとも危険と感じた御庭周辺の安全管理を一元管理するよう下命するとともに、西消防署中隊長には南殿や黄金御殿が位置する南方面の局面指揮を執るように下命し、以上をもって安全管理体制を強化するとともに、消火包囲隊形を整える判断をした。
 しかし、熾烈な火炎、熱気は収まることなく御庭を中心に渦を巻き、熱を帯びた空気が回りはじめ、正殿を正面に立っていても、背後、側面からも強い熱気を感じるようになり、御庭全体が危険な状況に変化し始めていた。
 激しい輻射熱の影響からか、正殿周囲の建物(北殿、南殿、奉神門)の木造の壁面からは、通常の火災では体験することのない「シュー!」というような異音が発生し、同時に水蒸気のような煙が激しく吹き始め、さらに壁全体が順次発火していく現象が見受けられた。
 また、石床の御庭が熱を持ち、場所によってはその場に留まることのできない状態となっていた。これは首里城正殿全面の御庭が四方を建物(正殿、北殿、南殿、奉神門)に囲われているため、熱気が籠るような状態が発生していたものと考えられる。
編集部■その後の指揮隊の活動は
指揮隊■指揮隊の活動開始後、約1時間が経過した3時50分、首里城を管轄する中央消防署長が現場到着し、ただちに指揮宣言。これにより現場最高指揮者が指揮隊長から中央消防署長となり、また指揮活動を補佐する指揮支援員を充実させるとともに、それまでの指揮隊も現場最高責任者(中央消防署長)の補佐系統に入って指揮活動を展開していく「署隊指揮」となり指揮隊の増強が図られた。
 これにともない再度、火災状況の把握、警防体制の確認等、基本的な指揮のサイクルを確認し、安全管理、消火戦術の再考を図りながらの活動を実施した。
 しかしながら依然として火勢は終息するどころか、予想を超える延焼速度に転戦が間に合わず、部隊が分断されるなど、活動は熾烈を極めることとなった。指揮隊ではその状況を見て、近隣市町村への応援要請を実施。また非番職員の非常招集などで更なる消防力の増強を図った。

首里城火災に苦戦する消火隊
夜が明けても消防力劣勢の苦闘が続く(撮影6時29分)。

編集部■その後の活動の推移は
指揮隊■当初設定していた延焼阻止ラインは、一進一退を繰り返しながらも押し下げられ、多面的に近接建物へと延焼拡大するなか、依然として消防力劣勢の状態が続いた。
 また、強い北風に煽られて「飛び火」も激しくなり、近隣住宅街への延焼危険が増大するなど、一刻の猶予も許されない状況となった。
 指揮隊ではその状況を見て、警戒範囲を拡大するとともに、一般住宅地への延焼阻止を実施すべく、これまでの活動方針「首里城周辺建物の延焼阻止、隊員の安全管理徹底」の二点にくわえ、「城下への飛び火警戒、延焼防止」を更なる活動方針として追加した。
 一方、そのころ御庭周辺では、黄金御殿、南殿、北殿へと順次延焼するとともに時折、爆発音を伴う火災性状も発生し、建物の柱、壁面が一気に崩れだす状況となっていた。また、激しく炎上する正殿付近では、火災旋風のような火柱も出現し、活動の継続が極めて危険な状況に直面した。
編集部■爆発を伴う激しい炎上に際し、消火活動の一時的な停止、あるいは休止は考慮したか
指揮隊■四方を建物で囲まれた御庭の状況では、木造大建築(正殿)の炎上によるあまりに激しい輻射熱から、幾度となく御庭からの一時退避、また延焼阻止ラインを後退しながら、体制を立て直しての繰り返しであった。
 もちろん継続的に放水活動を実施するよう努めてはいたものの、正殿への注水は、もはや火点に放水が届く前にすべて蒸発するという状態だったので、隣接する北殿、南殿(ともにRC造)への延焼阻止を目的とした注水が主とならざるを得なかった。
 しかしながら、北殿、南殿とも、すでに内部延焼にまで達しており、その内部は炉窯のような燃焼状態で、さらには外張りの化粧板や、屋根瓦の崩落もあったため、内部進入しての注水活動は危険を極めるとの判断で、屋内への進入消火活動は下命できず、外部からの放水活動を余儀なくされた。
編集部■消防活動上の障害は
指揮隊■首里城は小高い丘にあるため高低差があり、かつ高い城壁で囲まれており、消防車両が容易に接近できないことが大きな特徴だ。唯一近づける場所が首里城二階御殿南側の駐車場で、防火水槽1基(60㎥)がある。この場所のほかは、水利から火点の正殿まで、200mから450mもの距離がある上、蛇行した通路、高い城壁、段差、傾斜、閉ざされていた城門などに阻まれ、ホース延長や転戦、さらには一定水量・水圧の確保に苦戦を強いられた。ホースの延長と長時間に渡る活動は、隊員の体力を容赦なく消耗させ、活動隊員は皆、気力を振り絞っての活動となった。
 また、放水銃や屋外消火栓などの施設内消防用設備を活用するも、急速に水源容量を消費したことから10数分で水圧低下となり、活用を断念せざるを得ない状況に陥った(当初、水圧低下の原因は、機械的不具合か電源の遮断と認識していた)。
 さらには消防隊が到着した時点で、すでに正殿内部まで火災が拡大していたため、屋内へ進入したうえでの直接注水が極めて困難な状況だったことから有効な注水ができず、外部からの冷却注水と延焼阻止が主眼となったことは否めない。
 さらに、北東の風、風速5・7m/sという気象情報以上の風速があったと感じられ、強風によって延焼スピードが速く、かつ多面的に燃え広がり、消防の劣勢状態が5時間以上も継続することとなってしまった。

首里城火災の概要
首里城火災の活動状況
最悪の事態が脳裏をよぎる…
指揮隊としてまず、「隊員の安全管理を第一に」

編集部■指揮隊の活動で特筆すべき点は
指揮隊■火災が急速かつ多面的に延焼拡大したことで、筒先配備が間に合わず、延焼阻止ラインがジリジリと押し下げられた。また、輻射熱も強く、体力的に厳しい状況が数時間続いた。そこで、延焼阻止を主眼としながらも、活動する部隊には「絶対に事故を起こさないよう安全管理を徹底しろ」と下命した。
 長時間化する活動を支えるためには、適切な交代要員や近隣市町村の応援部隊の増強が不可欠だ。また安定した水量・水圧を維持するため、適時、伝令を派遣するなどして、効率的な送水管理に努めた。
 また当局では、通常時の指揮体制は3名制とし、指揮支援隊に救急隊や後続ポンプ隊を指定しているが、今回のように圧倒的な消防力劣勢の状況の現場においては、ポンプ隊の戦力を割くわけにはいかないうえ、救急隊の装備では安全管理上の不安がある。非常招集をかけた指揮支援隊が到着するまでの間、どのように指揮戦力を保持増強するかが今後の課題として挙げられる。
編集部■応援部隊との通信および連携運用についてはどうか
指揮隊■刻々と変化する情勢に追われるなか、無線の混線や不感等もあり応援部隊との意思疎通がなかなか取れず、応援隊の皆様には大変なご苦労をかけてしまった。
 指令センター間を中継しての交信や、現場指揮本部から容易に伝令等を送れる距離での応援活動を展開してもらうように下命するなどして、応援部隊の精神的な負担(慣れない土地での活動や、災害の進行状況未把握下での活動等)の軽減を図る工夫が必要であると感じた。また、署活動系携帯無線機の不足など、依然としてハード面の課題も見られた。
編集部■活動をふりかえって、特によかった点は
指揮隊■周辺住宅街への飛び火による建物火災を抑止できたことだ。
 強風に煽られ、大空を覆う火の粉に住民も大きな不安であっただろうと思う。消防職団員による飛び火火災阻止活動のほか、赤バイ隊の運用や防災行政無線などあらゆる手段を活用して火災広報したことで、住民が自衛手段として自ら飛び火警戒したことが住宅街への延焼防止に繋がった大きな要因と考えている。
 また、軽い熱中症と思われる症状で活動隊員1名が救急搬送されたものの、全体として大きな事故もなく活動を終えられたことは、各部隊が活動中における危険予知をしっかりと把握し、臨機な対応で局面を切り抜け、集中力を最後まで切らさず活動した功績が大きかったものと思っている。

首里城に放水する様子。
時刻が9時を回り、やっと消防力優勢に。
首里城の初期部署位置
異常な状態の現場を落ち着かせるには、早急に指揮支援体制を整える必要あり

編集部■今回の火災を受けて、今後の指揮隊の活動は
指揮隊■これまで同様、安全管理を第一に消防戦術を組み立てることには何ら変わりない。
 今回のような一般的な火災と異なる、「異常事態」ともいえる特殊な火災(災害)では、早期に応援体制を樹立しなければならない。また異常な状態にある現場を落ち着かせるためにも、早急に指揮支援体制を整える必要がある。
 特に那覇市の場合でいえば、他類似都市と比較して管轄面積が狭く、出動部隊のほぼ半数が同時期に現着して活動を開始するケースが多い。現着してから戦術を組み立てるのでは後手に回ってしまうため、災害規模に関わらず、途上段階から攻める指揮、すなわち先手々々の部隊配置や積極的な途上命令を実施することの重要性を身に沁みて感じたところであり、今後は、当局に相応しい指揮体制の確立を目指して検証を進めていく予定だ。
編集部■今回の活動をあらためてふりかえると
指揮隊■火災初期から火災規模が急速に拡大し、刻々と状況が変化するなか、高度な情報処理能力と安全管理を含めた現場対応力が求められた。
 現場到着時、赤々と燃え盛る首里城を目前にして、なかなか事態が呑み込めず、最悪の事態に唖然としたことも事実だ。
 このように「修羅場」と化した現場だったが、懸命に活動する隊員の姿に励まされ、この悪夢を現実のものとして素直に受け止めることで、指揮隊も徐々に冷静さを取り戻すことができた。
 活動中は、「何を優先すべきか」、そして「何を断念すべきか」という苦渋の決断の連続だった。特殊な構造の城郭内での活動は隊員の体力を予想以上に消耗させ、また一気に火面が広がったことで部隊が分断され、有機的な活動ができなかった場面も多々あった。方面ごとに指揮を執る各隊長には、大きな負担であったであろうと推測する。
 琉球王朝文化の象徴である首里城を焼失したことへの影響は計り知れず、多くの県民が涙を流し、虚脱感や喪失感に包まれていたが、私たち消防は、その暇が全くないほど、火災後の原因調査や事務諸々においても膨大な時間を費やすことになった。行政トップへの説明、押し寄せる電話対応と報道対応、国会議員、県議会議員、市議会議員への対応、火災の原因と今後の見通しなどは、その時点における情報をすばやく取りまとめなければならず、時間との闘いでもあった。
 指揮隊は、火災現場における直接指揮だけにとどまらず、事後の事務の進め方をも的確に助言し、疲弊している隊員の気持ちを落ち着かせ、忙殺される事務作業に翻弄されることなく、いかに次の災害へと立ち向かう体制を早急に整えるかということが重要であると深く認識させられた。
 隊員それぞれが、困難な事態を乗り越えるために必要なことは、チームワークとお互いを信じ合う心だと思う。そして今回の災害に立ち向かった当局の隊員は、そこに辿り着くまでの気配りや気遣いの重要性を共に感じてくれたものと確信している。
 このような経験を糧としてわれわれは、管轄内にある重要施設(建物等)の警防調査や訓練、戦術検討会の徹底を図り、次なる火災に向けた準備を進めたいと思っている。

焼け落ちた首里城北殿
無残に焼け落ちた北殿。鎮火後の15時15分撮影。
首里城鎮火後の大龍柱
正殿正面両脇の大龍柱は焼損を免れた。
首里城の延焼順
首里城火災で奮闘した指揮隊
首里城火災で奮闘した指揮隊の皆さま。那覇市消防局では3名の隊員からなる指揮隊を1隊、中央消防署に常設している。
 令和元年10月31日の未明、首里城正殿1階から出火し、正殿、北殿、南殿・番所、書院・鎖之間、黄金御殿他(奥書院含む)および二階御殿が全焼する大惨事となった(出火原因は調査中)。首里城は1429年に成立した琉球王国にあって、その政治、外交、文化の中心地となった王宮で、中国と日本の文化が融合した独特の建築様式で知られる。1945年の沖縄戦において焼失したが、1992年に正殿などの主要部分が復元された。その非常に高い文化的・歴史的価値から2000年には、「琉球王国のグスクおよび関連遺産群」としてユネスコ世界文化遺産に登録されている。  那覇市消防局の覚知時刻は10月31日2時41分、鎮圧時刻は同11時ちょうど、鎮火時刻は同13時30分。同消防局では消防車両59台、242人態勢で消火活動にあたった。また県内応援消防本部8本部15台74人、消防団1台23人が加わった。この火災において、中央消防署に常設されている指揮隊は出動指令を受け、2時56分に現場に到着、現場指揮本部を立ち上げて指揮活動を開始した。さらに3時50分には中央消防署長が現場到着。ただちに指揮宣言を行い、以降は署隊指揮に切り替わった。  圧倒的な消防力の劣勢下、那覇市消防局の指揮隊は何を思い、何を信じて闘ったのか――。
写真提供◎那覇市消防局 Jレスキュー2020年11月号掲載記事